2013年09月14日

東京オリンピック=TPPだそうです。

TPPとは、国家「日本」を捨てて、▲▲株式会社日本支店になることです。

image-20130914214713.png

引用
-------
 この中で民間出身の議員からは東京を国家戦略特区と認定し、医療や教育、都市計画などにかかる規制改革を今後3〜4年の間に大胆に進め、オリンピックまでに全国展開すべきだと提案しました。
-------
http://news.tbs.co.jp/20130913/newseye/tbs_newseye2013688.html


規制緩和、民営化というと耳障りは良いですが、国家という機能を無くして、金のある世界企業群が各国家を支配しようという試み。

五輪が東京に決まって、日本はこれが加速しそうですね。

image-20130914214931.png

因みに金のある世界企業群、▲▲株式会社とは、金融、医療、軍事、食品の種なんかにも投資して儲けているようですし、TPPと名乗らず行われるこの試みは要注意ですね。
posted by sissy at 21:52| Comment(0) | コラム、社会批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

花王デモ

花王本社デモが決行されたようです。
企業が広告出稿する際の、広告代理店つきあい、媒体選定により慎重を期す必要性があります。

http://www.youtube.com/watch?v=psnz9dhdCeA&feature=youtube_gdata_player

Q.なんで花王にデモ?

要約すると

・広告宣伝費800億の内600億円以上を韓流ごり押しフジテレビに注ぎ込むのも花王
・韓流ごり押しフジテレビの大株主なのも花王
・フジテレビ韓流ごり押しを視聴者が抗議したら有り得ないほど失礼な電話応対で
 フジテレビの味方になることを宣言したのも花王
・フィギュアにもロッテ・アイフル・マルハンなど反日企業と
 一緒に広告出してる花王。で、キムヨナをCMに使ったのも花王
・韓国押しで浅田真央叩きが酷い「特ダネ」の番組スポンサーも花王
・『韓日戦』表記の時のサッカーの試合のメインスポンサーも花王
・韓流ドラマばかり意図的に選んでスポンサーになってる花王
・原爆リトルボーイTシャツドラマの一社単独スポンサーも花王
・K−POPばっかのHEY!HEY!HEY! の番組スポンサーも花王
・タイで放送された反日ドラマのスポンサーも花王
 しかもタイの日本人の抗議運動でも最後までスポンサー降りなかった唯一の日本企業が花王
・中国の反日映画に俳優の香川が出演したら急にCMに採用したのは花王
・フジで10月スタートの反日女優キム・テヒ主演ドラマ一社単独スポンサーも花王


だそうです。
posted by sissy at 00:40| Comment(0) | コラム、社会批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

日本終了のお知らせ 一方米国では…


image-20110609141810.png


●米国のデフォルトを懸念、対米投資継続の用意ある=中国金融政策委員
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21602220110608

[北京 8日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)の李稲葵・金融政策委員は8日、歳出削減をめぐる米議会の折衝が難航していることを受けて、米国がデフォルト(債務不履行)に陥るリスクに対し懸念を表明した。

歳出削減に向け、一部の米議員では、短期的なデフォルトなら容認できるかもしれないとの見方も広がる中、世界最大の米国債保有者である中国が、米国のデフォルトリスクに対する懸念を鮮明にした格好。

委員は会合の合間に「米国がデフォルトに陥るリスクがある。実際にそうなれば、影響は極めて深刻だ。米国が火遊びを止めることを望む」と発言。「中国政府は、米政府が大局的な見地に立つことを心から希望する」と述べた。その上でデフォルトになった際には、中国政府は米政府と協議すべきとした。

また李委員は「デフォルトとなれば、ドル安を招く恐れがあるため、デフォルトのリスクを非常に懸念している」と指摘した。
「中国は米国債を売却しないと約束することができる。ただ、米国も対米投資の安全性を保証することで、中国の利益を害しないよう約束しなければならない」と述べ、米国債保有を続ける用意があることを示すとともに、対米投資の安全性を確約するよう米国に促した。

中国が米国債を売却すれば、パニック的な売りを誘い、さらにドルの価値を押し下げることになりかねず、中国は身動きの取れない状況を余儀なくされているとの事情がある。」 未来はある
posted by sissy at 14:18| Comment(0) | コラム、社会批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。